COSMOS ch web

ちょっと深掘りNEWS

四国中央市発足20周年!~あなたは覚えてる?CATVで振り返る街の歴史【後編】~

2024年4月1日(月)

2024年4月に四国中央市は20歳を迎えます。私たちコスモスネットワークは市とともに誕生し、地域の歴史を記録してきました。
なつかしの過去映像とともに街の歩みを振り返りましょう!【後編:2014-2023】

目次

 ・2014年 学生たちが「しこちゅ~体操」考案
 ・2015年 寒川潮騒公園オープン
 ・2016年 バスケ女子日本代表の近藤楓さんリオ五輪出場
 ・2017年 えひめ国体開催
 ・2018年 市役所新庁舎が完成
 ・2019年 えひめさんさん物語開催/しこちゅ~ホール開館
 ・2020年 歴史考古博物館-高原ミュージアム-開館
 ・2021年 真鍋淑郎さんノーベル物理学賞受賞
 ・2022年 投票で決定 土居中の制服がリニューアル
 ・2023年 川之江高校野球部が21年ぶりの甲子園
 ・2024年 20周年記念イベント続々開催

2014年 学生たちが「しこちゅ~体操」考案

 

しこちゅ~体操を踊る四国中央医療福祉総合学院の学生たち(コスモスタイムより)

理学療法士を目指す四国中央医療福祉総合学院の2年生が健康体操「しこちゅ~体操」を考案しました。

曲は、四国中央市のテーマソング「未来へ続くまち」。歌詞に合わせて膝を曲げたり腕を伸ばしたりする動作を付けました。

四国中央テレビでは学生たちが出演する振付動画を作成し放送。今では市内の公民館や集会所で行われる健康体操としてすっかり定着しています。

 

2014/4/21 コスモスタイム「「しこちゅ~体操」を考案した四国中央医療福祉総合学院に感謝状贈呈」
動画を観る➡コスモスコレクション(当社インターネットご加入者様限定)
      コスモスプラス(当社スマホサービスご加入者様限定)

※各動画配信サービスで「しこちゅ~体操」と検索すると関連動画を観ることができます

2015年 寒川潮騒公園オープン

 

にぎわうオープン当日の公園(コスモスタイムより)

同年には寒川東部臨海土地造成地の一角に「寒川潮騒公園」がオープン。

かつては潮干狩りができる海岸として地域の交流の場になっていたことから、人々が集まる公園にしようと整備を進めていました。遊具や健康器具を設置した芝生広場と、バスケットゴールなどを備えた多目的広場があり、幅広い世代に親しまれています。

 

2015/12/20 コスモスタイム「寒川潮騒公園 開園記念イベント」
動画を観る➡コスモスコレクション(当社インターネットご加入者様限定)
      コスモスプラス(当社スマホサービスご加入者様限定)

2016年 バスケ女子日本代表の近藤楓さんリオ五輪出場

パブリックビューイングの様子(コスモスタイムより)

夏に開催されたリオデジャネイロオリンピックに、バスケットボール女子日本代表として市内出身の近藤楓さんが出場しました。

日本の初戦、ベラルーシ戦で初出場を果たした近藤さん。当日は消防防災センターでパブリックビューイングが行われ、約230名が近藤さんのプレーに歓声をあげながら応援しました。

日本代表は3勝2敗で1次リーグを突破し、8位に入賞。近藤さんは6試合全てに出場し、得意のスリーポイントシュートなどで活躍しました。

近藤さんにはオリンピックでの活躍を祝して「四国中央市民大賞」が贈られました。

子どもたちの質問に答える近藤楓さん(コスモスタイムより)

2016/8/7 コスモスタイム「近藤楓選手を応援しよう パブリックビューイング開催」
動画を観る➡コスモスコレクション(当社インターネットご加入者様限定)
      コスモスプラス(当社スマホサービスご加入者様限定)

2016/8/27 コスモスタイム「近藤楓選手四国中央市民大賞授与式・リオ五輪活躍記念祝賀会」
動画を観る➡コスモスコレクション(当社インターネットご加入者様限定)
      コスモスプラス(当社スマホサービスご加入者様限定)

2017年 えひめ国体開催

開会式の様子(コスモスタイムより)

第72回国民体育大会「愛顔つなぐえひめ国体」が開催。四国中央市ではフェンシング・ラグビーフットボール・軟式野球・空手道の4種目が行われました。

1953年に四国4県で合同で開催して以来、64年ぶりとなった愛媛での国体。(単独は初)

市内では20の各国体協力会が、全国から訪れる選手団の食事や宿泊のお世話をする民泊を実施。試合を前に開かれた歓迎会では、地域色あふれる催しで選手たちをあたたかく迎えました。

地域ごとに選手を歓迎(コスモスタイムより)

 

2017/9/30 コスモスタイム「第72回国民体育大会「愛顔つなぐえひめ国体」開幕」
動画を観る➡コスモスコレクション(当社インターネットご加入者様限定)
      コスモスプラス(当社スマホサービスご加入者様限定)

※各動画配信サービスで「えひめ国体」と検索すると関連動画を観ることができます

2018年 市役所新庁舎が完成

完成した新庁舎(コスモスタイムより)

市役所新庁舎が完成。旧庁舎の隣に建設され、6階建てで、1階に市民窓口を集約しています。ボランティアセンターや会議室などがある市民交流棟も隣接して建てられ、連絡通路で行き来することが出来ます。

月末には旧庁舎で閉庁式が行われ、伊予三島市時代を含めた45年の歴史に幕を下ろしました。その後、旧庁舎跡は市の立体駐車場に生まれ変わっています。

2018/9/18 コスモスタイム「市役所新庁舎 業務始まる」
動画を観る➡コスモスコレクション(当社インターネットご加入者様限定)
      コスモスプラス(当社スマホサービスご加入者様限定)

2019年 えひめさんさん物語開催/しこちゅ~ホール開館

工場のおしばい(コスモスタイムより)

愛媛県の東予東部地域の振興イベント「えひめさんさん物語」が開催。

地元企業とアートがコラボした「アーティストinファクトリー」や、プロジェクションマッピングで煙突に表情を付けて物語を紡ぐ「工場のおしばい」など、紙のまちをPRするべく様々な催しが行われ、市内外から多くの人が集まりました。

2019/5/6 コスモスタイム「えひめさんさん物語 工場のおしばい 四国中央市編」
動画を観る➡コスモスコレクション(当社インターネットご加入者様限定)
      コスモスプラス(当社スマホサービスご加入者様限定)

※各動画配信サービスで「えひめさんさん物語」と検索すると関連動画を観ることができます

開館セレモニーの様子(コスモスタイムより)

また同年の夏には市民文化ホール「しこちゅ~ホール」が妻鳥町に開館しました。

大ホールと小ホールがあり、紙のまちらしい折り紙や水引をモチーフにしたデザインがあしらわれています。開館して以来、地域の音楽団体や芸能サークルなどに活用され、子どもたちがのびのび遊べる芝生広場では、マルシェなどの屋外イベントが行われています。

2019/8/23 コスモスタイム「しこちゅ~ホール開館記念式典」
動画を観る➡コスモスコレクション(当社インターネットご加入者様限定)
      コスモスプラス(当社スマホサービスご加入者様限定)

2020年 歴史考古博物館-高原ミュージアム-開館

記念式典の様子(コスモスタイムより)

四国中央市歴史考古博物館-高原ミュージアム-が開館しました。この施設は、郷土資料館のかわのえ高原ふるさと館と、市考古資料館の2つの機能を集約したものです。

かわのえ高原ふるさと館を改装・増築し、展示環境などを再整備しています。展示室のほかに情報コーナーなどがあり、4分の1サイズの「上分銅鐸」が作れる体験コーナーも人気です。

2020/7/9 コスモスタイム「四国中央市歴史考古博物館~高原ミュージアム~開館記念式典」
動画を観る➡コスモスコレクション(当社インターネットご加入者様限定)
      コスモスプラス(当社スマホサービスご加入者様限定)

2021年 真鍋淑郎さんノーベル物理学賞受賞

真鍋淑郎氏(受賞記念特別番組より)

旧新宮村出身の真鍋淑郎さんが2021年のノーベル物理学賞を受賞しました。

アメリカのプリンストン大上席研究員の真鍋さんは、1931年に旧新宮村に生まれ、旧制三島中学(現在の三島高校)を卒業するまで市内で過ごしました。東京大学で博士課程を修了し、1958年に渡米。国立気象局で勤務しながらプリンストン大学客員教授を兼任し、研究を進めてきました。

大気中の二酸化炭素の濃度が上がると地表の温度上昇につながり、地球温暖化に影響することを問題提起。地球温暖化の影響を予測するコンピュータモデルの開発へとつながりました。ノーベル賞選考委員会は「現代の気候研究の基礎になった」と評価しています。

授賞式の様子(コスモスタイムより)

地元出身者の快挙に市内はお祝いムード一色に。母校の三島高校では書道部がお祝いメッセージを揮毫し、名物の霧の森大福は特別パッケージで真鍋さんをお祝いしました。

授賞式当日には様子をライブで見ようと、霧の森交湯~館でパブリックビューイングが行われ、同級生など真鍋さんを知る人らが温かい拍手を送りました。

2021/12/7 コスモスタイム「真鍋淑郎さんノーベル物理学賞授賞式 パブリックビューイング」
動画を観る➡コスモスコレクション(当社インターネットご加入者様限定)
      コスモスプラス(当社スマホサービスご加入者様限定)

2022年 投票で決定 土居中の制服がリニューアル

候補の制服を見比べる生徒たち(コスモスタイムより)

多様性を認め合い、誰もが安心して自分らしく生活できる学校づくりをめざして「制服をはじめとする校則の改正」に取り組む土居中学校が、制服リニューアルのための投票を行いました。

2023年度の新制服導入にむけたもので、生徒たちが着心地やデザインなどを検討した6種類の冬服・2種類の夏服をユーホールに展示。生徒だけでなく保護者や小学生、地域住民らも投票に参加し、まち全体で校則の在り方や多様性について考えるきっかけになりました。

 

2022/2/18 コスモスタイム「土居中学校制服改定総選挙~みんなでつくる土居中の未来~」
動画を観る➡コスモスコレクション(当社インターネットご加入者様限定)
      コスモスプラス(当社スマホサービスご加入者様限定)

2023年 川之江高校野球部が21年ぶりの甲子園

甲子園出場を決めた川之江高校野球部(コスモスタイムより)

第105回全国高校野球選手権記念愛媛大会で21年ぶりに川之江高校が優勝。6度目となる甲子園出場を果たしました。

今治西高校と接戦となった決勝戦。試合は4対4で延長戦に突入、10回裏に川之江高校がサヨナラ勝ちし、栄光を掴みました。しこちゅ~ホールではパブリックビューイングが開かれ、優勝の瞬間を市民らが喜びました。

甲子園では初戦で高知中央高校と対戦し4対9で敗れたものの、市内から多くの地域住民がバスで応援に駆け付け、選手らのプレーに大きな拍手を送っていました。

2023/7/28 コスモスタイム「川之江高校野球部 21年ぶり甲子園へ」
動画を観る➡コスモスコレクション(当社インターネットご加入者様限定)
      コスモスプラス(当社スマホサービスご加入者様限定)

2024年 20周年記念イベント続々開催

成人式の様子(コスモスタイムより)

2023年夏に行われた南こうせつさんのコンサートを皮切りに、市の20周年を記念したイベントが続々と開かれています。

さまざまな出来事があったこの20年。今年の1月には、市発足の年に生まれ、このまちで育った市民が二十歳の節目を迎えました。

さらなる10年、20年先の未来へ。
四国中央テレビはこれからも“市民が主役”のまちの歩みをしっかりと記録していきます。

 

 

筆:四国中央テレビ 岡部桃子

関連ニュースRELATED

取材スタッフが紹介!四国中央市の桜百景2024

取材スタッフが紹介!四国中央市の桜百景2024

◆コスモスタイムとの連動記事◆市内の桜の名所をスタッフが撮影!
桜が植えられた歴史や世話をする人の思いなどを独自に取材してお届けします!
撮影でき次第、随時情報を更新する予定です。【2024.4.16 桜スポット追加しました】

2024年4月2日(火)

四国中央市発足20周年!~あなたは覚えてる?CATVで振り返る街の歴史【前編】~

四国中央市発足20周年!~あなたは覚えてる?CATVで振り返る街の歴史【前編】~

2024年4月に四国中央市は20歳を迎えます。私たちコスモスネットワークは市とともに誕生し、地域の歴史を記録してきました。
なつかしの過去映像とともに街の歩みを振り返りましょう!【前編:2004-2013】

2024年3月25日(月)

グランプリ決定!まちの魅力を切り取る「四国中央フォトコンテスト」

グランプリ決定!まちの魅力を切り取る「四国中央フォトコンテスト」

四国中央市の魅力あふれる写真を募集している「四国中央フォトコンテスト」。第14回大会の作品審査会が2月末に行われました。100点以上の応募作の中から、今年グランプリに選ばれたのは…!?審査会の様子や審査コメントを紹介します。

2024年3月19日(火)

四国中央市に春到来!市観光協会に聞く2024年の桜まつり

四国中央市に春到来!市観光協会に聞く2024年の桜まつり

四国中央市に春がやってきた!市内各地の桜の名所には、毎年多くの人が訪れイベントや花見を楽しみます。今年の春はどんな景色を見せてくれるのでしょうか。桜まつりを主催する四国中央市観光協会に2024年の見どころやイベント内容を伺いました。

2024年3月5日(火)