四国中央市のケーブルテレビ|COSMOSTV「コスモステレビ/四国中央テレビ」

愛媛県四国中央市三島宮川4丁目6番48号TEL 0896-24-0130 FAX 0896-24-0166
営業時間9:00~19:00(休業日:日曜・祝日)

この番組がイチバン

山本淑子のイチバン!

忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館

2019年05月13日 [ ]

©ユニバーサル ミュージック
デジタルプレミアムコース:チャンネル銀河(135ch)
放送日:5/26(日)22:00~

(番組概要)

2008年2月10日、日本武道館で13,000人を超えるオーディエンスと共に行われた“完全復活祭”の模様をほぼノーカットでお届けする。病から復活した清志郎の熱いライブパフォーマンスは必見。

(山本淑子の今日のイチバン↓)

清志郎は本当の意味でカリスマだった。極彩色の軽薄なファッション、ツンツンに立てた金髪、異様なメイクに、大人たちはきっと眉をひそめた、だろう。と言うのは、私が清志郎を知ったとき、彼自身、もうけっこうな大人だったからだ。ひと回り上のおっさんが、変な格好でロックを歌っている。カッコよかった。しかもあの声は唯一無二。癌の治療で2年休業、病床からの完全復活ライブ。アニメーションで味付けしたオープニングの映像に悲壮感はゼロ。満席の武道館で3時間、24曲を歌い上げ、圧巻のパフォーマンスだった。盟友チャボとのデュエットは、チャボの清志郎への気遣いが感じられてほのぼのした。すべてをわかってるって感じ、いいなあ。でも、チャボは歌がちょっと残念。清志郎はほとんど「イエーイ!」と「ベイベー!」を連発。歌は上手いが、おしゃべりは残念。奇妙なガウンが、最後は布団に変わって、オープニングの映像に戻る、という趣向。思い出すと幸せになる、人生のカリスマ、清志郎。このライブの翌年、ひょいひょいと雲を渡って逝ってしまった。

 

 

この番組がイチバン

  1. コスモスCH制作中!

  2. カスタマーのブログ

月別投稿

この番組がイチバン
バックナンバーはこちら